忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
山にハマリマシタ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 2007年1月8日
 
1月7日にWanakaから、Alexandraに到着しました。 日銭を稼ぎに、フルーツピッキングのお仕事を求めてやってきたのですが、、、、、、。
 
 大晦日、正月にWelcome Flat hutにtramping&温泉に行った時に出会った方が、Alexandraの果樹園で働いていらっしゃったので、そこを頼っていきました。
 
 電話番号を聞いていたので、Alexandraに着いてから電話してみたら(Wanakaで電話したけど繋がらなかったので、、、)、もう定員オーバーでした、、、、、。
 
 しかも、バッパーに着いて他の人の情報を聞いていると、他の果樹園でピッキングの仕事をしている方も、今日でその方々が働いている果樹園の仕事がなくなるので、他の果樹園での仕事を探しているんだそうな、、、、。
 悪いタイミングで到着しまったかな~と思って、次の日にでも違う町に行こうかと思案しておりました。
 
 立ち去る前に、Welcome Flatで出会った人に挨拶しておこうと思って、連絡してみた。
 晩御飯をご馳走してくれるというので、のこのこ彼女が働いているorchardまで行ってきました。
 
 晩御飯をご馳走していただいた上に、果樹園でとれたてのチェリーも頂きました。
 しかもなんと!! 知り合いの果樹園の仕事を紹介してくれたのです!!
 
 次の日にソコを訪ねたら、働かせてもらうことが出来ました!! ピッキングではなく、パッキングです。
 そういうわけで、ここで2週間働かせてもらいます。
PR
2007年1月3日 水曜日②
 
 大晦日、新年は山の中で過ごしたんやけど、たくさん人がいました(特に大晦日は)。
 Hutの近くに温泉があるので、ソコに来ていた人達と一緒に新年を温泉の中で迎えて、楽しかった。 自分にとってはうれしい誤算でした。
 
 新年、その次の日も、Hutに泊まっている人達と楽しく話をすることが出来ました。 話をしているとすごく楽しかった。 “今、自分に興味のある話題(トランピングコース、温泉の話題)が中心にあった。”っていうのもあったんだろうと思う。 また、そういう人がここに集まっていたんだと思う。
 
 クリスマスの時と、ココで過ごした新年と、何が違ったのか?? 基本的なことだけど、キッチリ笑顔で(キッチリ聞こえる大きさで)挨拶したことかなぁ。 挨拶したら、なぜか自分のモチベーションが上がる、、、。 相手も挨拶を返してくれたら、一層うれしい。 もんのすごい基本的なことだけど、会話はこういう基本的なところから入っていくわけで。
 “挨拶”は“相手の心に迫る“という意味だ、と先人は上手く言ったもんです。
 
2007年1月3日 水曜日
 
 新年明けましておめでとうございます。 2007年ですね~。 こっちはあんまり、“年が明けた!!”という感じはしませんが。 僕は大晦日、新年を山で過ごしました。
 Fox Glacierから20kmぐらい南にいったところの、Copland TrackというTramping Course(途中まで)に行ってきました。“スタート地点から6時間から8時間歩いたところに、温泉がある”という話を聞いていたので。 Welcome flat hutという山小屋の近くにあるんですけど。
 
 “Great Walkでもないから、そんなに人も来ないんだろうな~”なんて思ってたら、とんでもなかった。 僕がhutに辿りついた時には、人がわんさかいて、それからも人がわんさかやってきました。 31人泊まれるhutは満員。加えて残り17人はテントでのキャンプみたいやった。 でも、みんなフレンドリーで楽しく喋れたので、自分にはうれしいサプライズでした。
 しかも、このhut。 大きい。 2階建て。103a.jpg 2段ベッドじゃない。 ベランダ(のようなもの?)がある。 すごい居心地いい。
 とりあえず、着いてから、温泉103b.jpgを満喫。 103f.jpg隣にいたkiwiに今何時か尋ねてみたら、「わからない。今日が何日なのかすら知らない。」という答えが返ってきた!! 今日は大晦日だぞ!! 2006年最後の日ですよ!!?? こっちでの新年はこんなもんなのか、、、、、??
 
 夜中、再び温泉へ。新年は温泉の中で迎えました。 10数人ぐらい温泉に人がいたので、その人達と一緒にカウントダウン(一緒にカウントダウンする人達がいてホントよかった、、、、、)♪ Happy New Year~~♪ということで、めでたく新年を迎えたわけでございます。 
 
 そして新年。 当初、1日で山から下りる予定を延長。 次のDouglas Rock Hutという山小屋目指して、新年初トランピング。 日本にいたら、確実に寝正月になっていたであろう。
 年明けなので、ダラダラ歩くつもりが、途中で濡れずに渡るには少し大きな川に遭遇。 しばらく、水に濡れずに渡れる方法を探すも、見つけられず。 新年早々、水に濡れるのも嫌なので引き返そうかどうか迷ったけど。結局、思い切って川を渡りました。 水が膝下ぐらいまできた。 川幅が短かったからいいんだけど。 新年、初濡れ。 また、靴が臭くなるな、、、、。でも、一旦水に浸かると、吹っ切れた。 もう、なりふりかまわずガンガン進む、キビキビ動く。
 小さな滝(?)103c.jpgのようなものを上る時に、石の上で見事にスベる。 新年、初スベり。
 次のhutに行く途中に、雪の積もった山とGlacier(氷河)103d.jpgが見えた。
 Douglas Rock Hutに着いてから、再びWelcome Flat Hutにリターン。
 1月2日に下山しました103e.jpg。 トランピングの3日間、オール晴れ!! West Coastで、こんな天気を頂けるのは結構、稀らしいので本当に感謝!! 実際今日は、曇りやし、、、、。
 いつものコトながら、靴下と靴が異臭を放っている、、、、。 トランピングブーツ以外に普段履く用の、普通の(臭くない)靴を買うべきか、、、、、??
2006年12月28日 木曜日
 
 昨日にKarameaを出ました。 このファームのような、コミュニティちっくな、このバッパーが大好きでした。 本当なら、ここで楽しいクリスマスを過ごせたんだと思います。
 でも、ここで自分の悪い癖が出てしまった。 以前より、英語が聞けない、話せないことに気付いた自分に失望したんです。 相手が何を言っているのか、理解できない。 自分が言おうとしていることが上手くいえない。言えたとしても、理解してもらえない。 ココのバッパーの人達はほとんどがネイティブスピーカーで、ネイティブではない人達も、 “本当は、ネイティブなんじゃないのか?”と思うほど、普通に英語を喋っていた。
 
2006年12月24日 土曜日
 
 昨日に、Karameaにあるバッパーにたどり着きました。Westportの北に位置しています。
 最初は1泊のつもりで来たのですが、ココの雰囲気が見事につぼにハマッタ。
 4泊目は無料だそうなので、4泊しようと思います。
 
 とてもユニークでいい感じのバッパーなんです。 雰囲気はWhitiangaで2ヶ月間いた方のファームに似てるかな。
 知らなかったのですが、ココにもWwooferがたくさんいました。 ガーデニング&バッパーメンテって感じなのかな? Wwooferの1人に何人いるか尋ねてみたら今は合計12人いるそうです。 宿泊者より多いぞっ!!Wwooferの数はさすがに足りているので、Wwooferとして(ここではVolunteerと呼んでいる??)は働けませんが、雰囲気がとても気に入ったのでここでクリスマスを過ごすことにします。 こういう自分が気に入った場所で、クリスマスを過ごすことが出来そうなのは幸やね。
 
 最初は、この時期に何も決めずに行動しているのが不安やったけど、なんだかんだで気に入る場所が見つかってよかった。 見つかるもんですねぇ。
 ニュージーランド(それともここだけ??)はクリスマスイブは特に祝わないんですかね? クリスマスが本命みたいですねぇ。 日本ではイブを祝う傾向にあった、、、、、、、ような気がする。
 明日はクリスマスなので、みんなで1品ずつ持ち寄った夕食になりそうです。 はたして何をつくればよいのやら、、、、というか自分に何がつくれるのか、、、、、、??
≪  1  2  3  4  5  6  7  8  ≫
忍者ブログ [PR]