忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
山にハマリマシタ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 2007年4月8日 日曜日
 
 只今、オークランドです。 4月6日にオークランド入りしました。 
 荷物をピックアップしにアレクサンドラに行ってから、3日間ぐらいSallyの働いている果樹園にステイさせていただいて。 朝に、SallyにCromwellまで送ってもらってソコからバスを使って次の目的地へ。
 
 それから、Mt.Cook National Parkに行ってきました。 
初日はフッカーバレーに行ってきて、2日目はMueller HutとそのそばにあるMT.Ollivierの頂上に登ってきました。
 
 特に、2日目に行ったMueller Hutに行くまでの景色、Mt.Ollivierから見る景色が、美しかった、、、。
 とにかく、すごい迫力だった。 Mt.Cookを拝みながら、脇にはMt.Sefton。0408a.jpg 0408b.jpgGlacierを抱いた雪山は、本当に圧倒的な迫力。 0408c.jpg美しかった。 天候にも恵まれて、本当にきれいに山々を、景色を楽しむことが出来ました。 0408d.jpg0408e.jpg
 ここも、Day Walkだったから暗くなる前に山を降りたけど、きっとココで見る夕焼けは心を奪われるほど美しいのだろう。
 
 そして、その後YHAに帰って、「明日の移動手段はどうするかなぁ~??」と、とりあえずNaked Busのホームページを閲覧しておりました。
 そして、イロイロ検索した結果こんな文字が飛び込んできました。 “6TH April 2007 Wellington-Auckland $1”。 「ウェリントンからオークランドが$1???」  、、、、、、、、、、、、、、、ありえないでしょう、そりゃ。 でも、何度見直しても、$1だ、、、、。 夢じゃない。 確かに$1だ。 他の日だと$64とか$69だ。 
 
 その日は4月3日。 明日に、ココからクライストチャーチ。 4月4日にクライストチャーチからピクトン。 4月5日にピクトンからウェリントンまで行けば、4月6日にこのバスを使うことが出来る、、、!!  早めにオークランドに帰って、親が来るまでに宿の手配や交通手段の手配、荷物の整理をしたかったので、あわててこのチケットをブッキング。
 ウェリントンまで行くチケットも速攻、オンラインでブッキングしました。
 
 途中、ピクトンのバッパーでホストさんたちに「また会うとは思わなかった。」とビックリされたり。 ドームがいっぱいだったので、ダブルを使わせていただいたり。
 そんなこんなで、オークランドに舞い戻ってまいりました。
 
 それにしても、Naked Bus、、、、。 この価格破壊。 恐るべし。 最近よく価格破壊に直面してる様な気が。 とてもうれしいけど。
PR
 お久しぶりです。 ただいまクイーンズタウンにいます。 あれからしばらく、Alexandraでお世話になっていたkiwi Sallyとアメリカから来たSallyのお友達Richie(リチャードの略か?)と温泉探しの旅に出かけておりました。
 ”温泉に行く”ということだったので、軽いウォーキングを予想していたのですが、見事に裏切られました。

 ものすごく、ストイックに歩いて、秘湯巡りの旅をいたしました。 でも、ものすごく楽しかったなぁ。 びっくりしたけど。

 南島のWanganui Riverを3人身を固めて渡って、対岸の温泉に行ったり、他の場所では、小雨か雨か良くわからない中、なんども川渡りをして秘湯を求めたりしました。 もう、足びしょびしょです。 蜂にも刺されました(自分だけ、、、、)。 広い川も、雨が降ってても川を何度もリバークロスするあたり、温泉が絡むとストイックです。
 
 クライストチャーチで、$420→$135に驚きの価格破壊を起こしている本皮トランピングブーツ、ウェアハウスで$20に値崩れしたテントを手に入れご機嫌♪

 北島では、Mt.Ruapehuのクレーターに行きました。 このクレーターに入ろうと画策していたようです。 この二人。 ”危険だ”という判断でお蔵入りになりましたが、入ろうとしていたあたり温泉に対してストイックですよね??

 クライストチャーチで、$420→$135に驚きの価格破壊を起こしている本皮トランピングブーツ、ウェアハウスで$20に値崩れしたテントを手に入れご機嫌♪

 Tongariro Crossingの途中にある温泉にも入りました。 私有地なのですが、Sallyが許可を貰っていたので、入りました。 
 
 ここら辺で行ったトランピングコースも楽しかったので、あとでアップできたらなぁ、と思います。
 ノートパソコンその他をAlexandraに置いてきてしまったので、、、。

 その後、この2人と別れて、ギズボーンにいるYasuoに会いに行きました。 Bee Keeperとして働いております。 ニュージーで会った時に「Bee Keeperになりたい」と言っていて、それを着実に実現させていっている模様。 いいワーホリの使い方やなぁ。

 その後、南島にまた戻ってきました。 ピクトンにステイして、そこのバッパーに古いトランピングブーツを寄贈。 鉢植えとして使ってくれるそうです♪ 臭いませんように、、、、。
 その後、クライストチャーチに置いていた荷物を取り、ただいまクイーンズタウン。
 折角なので、ルートバーントラックに行くことにしました。 みんながイイっていうから。 
 そういうわけで、新しい靴の記念すべきオーバーナイトトランピング。 明日から行ってきます。
 そして、アレクサンドラに荷物を拾いに行きます。
2007年2月25日
 
  今、クライストチャーチにいます。 ここまで、僕をトランピングにハマらせてくれたbest mateのMasaが23日に帰国するということだったので。 ええぇ~と。 突然ですが、只今車ありません。
 
 20日にInvercargillを出て、「ここからCatlins経由でDunedinに。そんでもってChrist Churchに21日着だ~。」なんて思っておりました。
 
 Invercargillを出てしばらくすると、前方手前で農夫の方が手を振っている。 「あぁ、手振ってくれてるわあぁ。」と思って、こちらもにこやかに笑顔を返して手を振り返しました。 そして、目線を車道に戻した瞬間、、、、、、、、、、、前の車がありえないほど近い距離に!!!
 
 あわてて、急ブレーキを踏む! その瞬間、車がコントロールを失う!! 前の車を避けようとして思いっきりハンドルを切った!!! そして、路肩に突っ込んでガコガコガコ~~~っと、、、、、、、、、、、。  なんだか、F1の内部カメラの映像を見ているような気分やった、、、、、。 
 横転とかはなかったケド。 車の左前がエライ状態。 0225.jpg自分自身は無傷。 他人様の車にぶつける事もなく、巻き込み事故もナシ。 不幸中の幸いでした、、、。
 
 後で聞くと、農夫の方は手を左右じゃなくて上下に振っていたらしく(今となっては思い出せない、、、、)、意味するところは“もうすぐ先で牛が通るからスピード落とせ!!”という意味やったらしい。 にこやかに手を振り返している場合じゃなかったんですね。
 
 農夫の人達が集まって、でかいブルドーザー何だかトレーラー何だかで僕の車を牽引してくれました。 でも、これ以上このコを運転することはままならず。
 「これを町まで持って行ったら、たぶん400ドルぐらいかかる。修理するのにも、元値以上かかると思う。 もし、なんだったら、この農場に埋めてあげようか?」という申し出をしてくれた。 自分としても、その申し出はとってもありがたい、、、、、!!
 「じゃあ、埋めてください!」ということで、代わりに車のバッテリー、CDプレイヤー等は自由に使ってくださいということで。 とりあえず、バックパックに荷物を詰めて、詰め切れない調理器具、調味料、衣服、CD、、、etecetcも“もしよろしければ使ってください(いらなければ申し訳ないけど捨ててください)ということで置いてきた。 ホンマ、ありがとうございます、、、、!!
 
 「何日間か、泊まっていっていいよ~。」とものすごくありがたい申し出も受ける。 でも、「早くクライストチャーチに行かないと、友達帰っちゃうんで!!」と事情を説明すると、農家のお友達さんがInvercargillのCityまで送ってくれました。
 その日はYHAに泊まって、CHCHまで行くバスを予約しました。
 YHAなんて久しぶりに泊まった、、、、。 久々に泊まってみるとYHAってすごいですね。
 何でもそろってる。 最近、キャンプサイトばっかだったから。 でも、これから宿代がかさむなぁ。
 
 21日に無事バスでクライストチャーチ入り。Masaが迎えに来てくれて、フラットに泊まらせてもらった。 イロイロ語り合ったさ~~~。 改めて、オモシロイ発想の持ち主だなぁ、と思った。 23日早朝に、日本に旅立って行かれました。 Masaのフラットメイトと一緒にフラットメイトさんの車でお見送り♪ また、日本でも会おうぜぃ!! それにしても、車がアルッテいいなぁ~~。 もう車は買わないやろな~、、、。 
 でも、車が潰れたことに、自分でも驚くほど動じてなかった。 潰れたのが自分の車だけで、他人様にも自分にも怪我がなかったからだろう。 処理代にお金がかからなかったし、無事CHCHに予定どうりに、着いてくれたっていうのもあったんだろう。
 
 
 その後は、CHCHのバッパーに移動。 車もないし、靴も潰れてきてるし(皮部分が破れてきた、、、)、“もうトランピングは止めてWwoof再開しようかなぁ~~。オーストラリアかトンガに行くのもいいかなぁ~。“なんて思っていたら、Alexandraで仕事紹介してくれた女の人から電話がかかってきて「友達とWest Coastにトランピング&温泉に行くけど。行く??」というお誘いが!! 車にも乗せてもらえるみたい!! こちらとしては、願ったりかなったりなんで、明日にDunedin入り→Alexandraというルートで行ってきます!
2007年2月19日 月曜日①
 
 いつものことですが、長らくブログを放置しておりました。 Queenstownで友達と会って、その子達がステイしている家に2,3日ぐらいステイさせていただいておりました。
 その間に次のトランピングの準備で、いろいろとギアを調達。
 
 KATHMANDUにて、半値以下まで値崩れしていた丈の長い防水ジャケット、フリースを購入。
 今まで着ていたジャケットは破けてきていて、山で雨に見舞われたら大丈夫かどうかが不安だったから。あと、前のフリースはWAREHOUSEで買った2着で12ドルだった(と思う、、)品物で、着てても寒かったので、、、、。
 違う店で、安いwalking polesをペアで購入。 「Northwest circuitに行くんだったら、役に立つ。」と、Alexandraで働いていた時に知り合ったカナダのおじさんがアドバイスをくれたので。
 
 Routeburn trackはその友達が「今はまだ行かない。」というのと、Circuitになっていないので、バスの予約、手配、このHutの予約も、少しだけ待たないといけなかったので、見送ることにしました。
 
 代わりにKepler trackに行ってきました。 現地に到着後、次の日の朝に当日予約しに行ったら、最初のHutで最後の1席をモノにして、なんとかその日からのTrampingにこぎ着けました。
 
 とりあえず、ココでwalking poleの使い方、Alexandraでもらったgaiterの装着の仕方に慣れておきたかった。 この時はまだNorthwest circuitに行くかどうかは迷っていました。  “Tramping in New Zealand”にはレベルは“demanding”って書いてあったし、10日間かかる。 読んでみても、難しそう、、、、。 雨がひどければ泥が腰まで来る、という噂を聞いていたし。
 
 でも、ここでHut Wardenさんに相談してみたら、「泥を気にせず、時間をかけたら大丈夫。」と言ってくれました。
 あと、歩いている途中にあったニュージー出身のおじさんも、NorthWest circuitに行ったことがあるようで「アナタダイジョウブデスヨ。ワカインダカラ。ワタシデモデキタンダカラ。」と片言の日本語で言ってくれました。 食事のアドバイスもしてくれました。チョコレートコーティングされたMuesli barをもって行ったらいいんだとさ!
 
 Muesli barが何だかわからない自分に、このtrack中に知り合った友達が見せてくれました。 乾麺とカロリーメイト(チョコレート味)ももらってしまった、、、。 ここで、知り合った友達、相談した人達が自分の気持ちを後押ししてくれたので、Stewart islandのNorthwest circuitに行くことにしました。
 
 あ、Kepler trackは全日程晴れてくれて、特にridgeを歩いた時は、ものすごくきれいでした!!kepler.jpg
2006年12月24日 土曜日
 
 昨日に、Karameaにあるバッパーにたどり着きました。Westportの北に位置しています。
 最初は1泊のつもりで来たのですが、ココの雰囲気が見事につぼにハマッタ。
 4泊目は無料だそうなので、4泊しようと思います。
 
 とてもユニークでいい感じのバッパーなんです。 雰囲気はWhitiangaで2ヶ月間いた方のファームに似てるかな。
 知らなかったのですが、ココにもWwooferがたくさんいました。 ガーデニング&バッパーメンテって感じなのかな? Wwooferの1人に何人いるか尋ねてみたら今は合計12人いるそうです。 宿泊者より多いぞっ!!Wwooferの数はさすがに足りているので、Wwooferとして(ここではVolunteerと呼んでいる??)は働けませんが、雰囲気がとても気に入ったのでここでクリスマスを過ごすことにします。 こういう自分が気に入った場所で、クリスマスを過ごすことが出来そうなのは幸やね。
 
 最初は、この時期に何も決めずに行動しているのが不安やったけど、なんだかんだで気に入る場所が見つかってよかった。 見つかるもんですねぇ。
 ニュージーランド(それともここだけ??)はクリスマスイブは特に祝わないんですかね? クリスマスが本命みたいですねぇ。 日本ではイブを祝う傾向にあった、、、、、、、ような気がする。
 明日はクリスマスなので、みんなで1品ずつ持ち寄った夕食になりそうです。 はたして何をつくればよいのやら、、、、というか自分に何がつくれるのか、、、、、、??
 1  2  3  4  5  6  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]