忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
山にハマリマシタ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年11月24日 金曜日 
 
 只今、Ngatimoti(Motuekaの近く。もっと言うとNelsonの地域)にいます。
 風邪が少しマシになってきたので、Whitiangaのファーム(狼少年になった方のファーム)の方々から「近くに行くなら寄ってみなさい。」というお言葉を頂いたファームに電話してみました。
 17日からこのファームにお世話になっています。 広い敷地に果樹、豆の木がたくさんです。 あと、野菜もガーデンから取れます。 Watercress(オランダガラシ、サラダなんかによく使う)なんかは、野生で生えています。
 電気も昼(天気の良い日)は太陽光で、それ以外は水車で水力発電に切り替えているみたいです。 供給される電力には頼っていません。 ホットウォーターも太陽光、薪ストーブに頼っているので、天気が悪い日、火をつけてストーブを使わない火はホットウォーターが出ないみたいですね。 冷蔵庫もないみたい。 冷暗所に保管ですね。
 あと、ぼっとん便所ですねー。Whitiangaのファームで慣れてますけど。
 食事も、庭からの野菜、ナッツ類、果物などです。 
PR
2006年8月27日 日曜日
 
 今日は、、、、少々頭が重い、、、、。 二日酔いとまではいかないが。 ちょっと走ったりすると頭がしんどい、、、、、、、。 その点、もう一人の日本人の男の子は元気だ、、、。 元気に朝、ファームにあるDEEP WATER POINTまでカヤックをしに行ってしまった。
 
 朝、フランス人の男の子を見かけるも、しんどそうだ。 おそらく僕より重症であろう。
 昼間ずっと見かけんかったから、家で休んでいたのであろう。
 
 今日はお昼にVEGANの男の子がピザを作ってくれました。 パン生地から作るところがいいですねぇ。 町にいたら、ピザハットとかに頼んで終わりやろうなぁ。
 とりあえず、僕ともう一人の日本人の子で野菜などの具を切ったりするお手伝い。
 おいしかったですねぇ。 ハーブとかもこのファームで摘んできたのを使ったし。
 
 その後はメカニックさんのお手伝い。ほとんど手伝うことがなくて、ほぼ見てるだけだったけど。 トラックのギアボックスを取り外して直そうという計画でしたが、このギアボックスの状態がかなりひどかったみたいです。 メカニックさんの家に持って帰って直すことになりました。
 
 しかし、さすがここのファームの夜は寒い、、、、、!! MY寝袋を忘れてきた僕は凍えて凍えてほとんど眠ることが出来ませんでした。 あぁ、帰ってきたんだなぁ、と一番強く実感した瞬間かもね。
2006年6月3日
 
 今日は町にあるフェリーストップから対岸の町まで行ってきました。 トコトコと歩いていたら、走っていた車が目の前に止まった。 中から白人のおばあさんが出てきて、「コンニチワ。」と日本語で挨拶してきた。 おお、日本語だ、、、、、と思いながら挨拶を返す。
 彼女は数冊の小冊子を渡してきた。 日本語で、”目覚めよ”と言う小冊子で宗教について書かれていた。 カンユウダ、、、、カイガイマデキテ、カンユウサレテル∑(Oωo)。
2006年6月2日
 
 今、Coromandel地方にいます。 今日、オークランドのファームを出てきました。
 ホストファーザーが最寄りの町まで送ってくれて、そこからInterCity coachに乗ってCoromandel地方へ。 Flexi-Pass便利です。 目当てのバスの出発2時間前までなら、自由に予約、キャンセルが出来ます。北島、南島両方使えます。1日のバスの本数が少ないのが少し気になりますが、前の1ヶ月間の旅ではとても重宝しました。
 
 そして、その方面に行くバスで、日本人の女の子と隣同士の席になったので喋っていたら、その子もファームを回っていて、これから同じ方面のファームに行くという。
 どこに行くのか聞いてみたら一緒のファームでした。 何たる偶然!いきなりお友達ゲット♪  その子は6月4日にそこのファームに行くそうです。こっちは6月5日に行くからほぼ一緒の時期だ。 話を聞いていたら、これまでイロイロなファームを回ったそうで大変興味深く聞かせてもらった。 すごいバイタリティ。ホント素直にスゴイと思いました。 
 
やっぱり、ファームによっていろいろあるんですね、労働時間とか。 その子の経験したファームもやっぱり休みは不定期で、ファームによってはずっと1日中働かなければならないそうな。体力もつかな、、、。ちょっと心配、というかかなり心配ヾ(-"-; )。
そして、だいたいのファームで寿司を作って欲しいと頼まれたそうです。彼らの頭の中には”日本人=寿司作れる“という構図が出来上がっているのかもしれません。
 寿司は作れません。というかお料理全般、人様にお出しできる物を作る自信がございません。 どうしましょう?
 
 バッパーは違う地域で予約していたみたいなんで、その子は途中でバスを降りていきました。
 どうでもいい事だけどその子もスーツケースで旅しているみたい。「邪魔やない?」と聞いたら、やっぱり邪魔みたいです。 僕もスーツケースです。 長期の旅やったんでスーツケースのほうが鍵がかかって良いかと思ったんですが、頻繁に移動をする身としては非常に邪魔です。 前の旅のようにバックパックにしておくべきやったか?
 
 
忍者ブログ [PR]