忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
山にハマリマシタ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年9月16日 土曜日
 
 今日はカウリの木々をもう一度見るのと他のカウリの森、あと湖を見たいと思い、来た道を引き返しました。 こんな無駄なこと出来るのも車での一人旅の特権ですね♪
 
 とりあえず最初に大きなカウリの木々をもう一度見に行った。 YAKAS(7番目に大きなカウリの木)も見に行きました(昨日はドイツの3人組と見に来たときはここは飛ばした。雨も降ってきたし。歩いて30分と書かれてたから)。
 
 行ってみて大正解!! ものすごく綺麗やった。 目的のYAKASまで到達するのに50分(それ以上??)ぐらいかかった気が、、、、、、、、、(景色を楽しみながらまったりしながら歩いてたからやろうね。)。 YAKASに到達する前の“CATHEDRAL GROVE”というちょっとした見晴らし台からの景色もすごく綺麗。 360度(180度??)のもっと立体的な景色が楽しめます。
 
 目的のYAKASは、、、、、、、で、でかい、、、、!! すごい迫力。 “Te Matua Nhahere”や”Tane Mahuta“よりもデカインジャナイノカ???
 
 たぶんホント間近で見れるからだろうね。 本当にトレッキングコースのすぐ横に立ってる。触れる距離にあるから、すごく迫力がある。(“Te Matua Nhahere”と”Tane Mahuta“は柵があるからものすごく近くまではいけない。)
 YAKASを見に行くのはとてもお勧めです。 僕はここで何時間でも過ごせそうです。
916.JPG
間近でみれるYAKAS。すごい迫力やった!
 

 その後、Te Matua Nhahere、Four Sisters、Tane Mahutaを見た後はおなかいっぱいになってしまった(YAKASを見に行く道程とYAKASですでに満足してしまった、、、、)ので、“Kai Iwi Lakes”と“Trounson Kauri Park”は見に行かずにちょっとOPOOINIに寄った後、RAWENEのカーフェリーに乗ってKOHUKOHUへ。
 そこにあるバッパーに泊まったのでした。
 
 ここのバッパーは小さなファーム&コテージという感じ。 とてもイイ。
 感じとしては、コロマンデルにあったファームを小さくして少し(大分?)きれいにした感じか。 ヤギ、羊、ウサギ、鶏、、、、いろいろいる。 オーナーさんもとてもフレンドリーだ。 ここで、オーガニックの野菜を購入することが出来たので、それを使って肉じゃがを(*肉は入ってませんが)を作る。 今、重宝している調味料は、、、、、“みりん”です。
 日本では特に気にも留めていなかった存在。しかし、ここでこいつの重要性にようやく気がついた。 
 コロマンデルのファームでは“みりん=ライスビネガー”がなかったので、代わりにアップルビネガーを使っていた。 それはそれで美味しかったが、今回みりんを使ってみると、、、、、美味い、、!! 料理下手なのにきっちりとみりんが味をカバーしてくれる。
 料理を作りながら&食べながら、ドイツから来ているカップルさんと楽しくお話をさせてもらった。
 やっぱ、話す相手がいると楽しいなぁ。
 
 その後、ドイツのカップルさんが自分たちの部屋に戻った後、kiwiのご夫婦さんがやってきた。 夫さんが71歳で、妻さんが67歳だった。 でも、どちらも年齢を感じさせないほど、とっても元気。 夫さんの方はまだまだ現役で働いてらっしゃるそう。 
 
 この週末にオークランドからノースランドにキャンパーバンで旅に来たんだそう。
 明日、朝食をご一緒させていただけることになったので行って来ます。
916_2.JPG
バッパーの動物たち。もっといるけど。
PR
≪  63  62  61  60  53  52  51  50  49  48  47  ≫
HOME
Comment
畏敬の念と安らぎを覚える
私が屋久杉の縄文杉を見たときは、いつまでもそばに居りたい、いつまでいても飽きない。そんな感じでした
あぐり URL 2006/09/19(Tue)16:04:18 編集
Re:畏敬の念と安らぎを覚える
 カウリの森を見た時は、日本の屋久杉を思い浮かべました、、、、、と言ってもどんな形でどれぐらい大きかったのか忘れてしまったので、日本に帰ったらもう1度見に行きたいなと思います。
2006/09/20 20:44
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  63  62  61  60  53  52  51  50  49  48  47  ≫
HOME
忍者ブログ [PR]